工場の取り組み

安心・安全な冷凍和菓子を製造するために、ISO22000:2018(食品マネジメントシステム)にのっとり製品を管理しております。

笹だんご製造の流れ

※工程をクリックするとそれぞれの詳細へ移動します。

1.蒸練
2.混合・練り・加熱
3.成形
4.笹処理
5.笹巻き
6.蒸気加熱
7.箱詰め
8.出荷
1蒸練

お団子の製造

米粉、もち粉、よもぎ等を加熱、混ぜ合わせ生地を製造します。

2混合・練り・加熱

あんこの製造

粒あんは無人粒あん製造機で、こしあんは自社製造の生あんを、焦げ付きにくいレオニーダで練り上げています。

3成形

お団子の包あん・成形

同じ大きさになっているか確認しながらお団子を笹だんごの形に整えていきます。

4笹処理

洗浄・脱水・ふき取り作業

港製菓独自の笹洗浄方法を確立。

笹処理での検査

洗浄した笹葉を1枚1枚汚れを確認しながらふき取り、目視検品していきます。

5笹巻き

お団子を笹で巻いていく

熟練した技で1つ1つ丁寧に、心をこめてお団子を笹で巻きます。

6蒸気加熱

笹巻した笹だんごを金属探知機で異物検査。

加熱殺菌

検査後、高温の蒸気を使用して笹だんごを加熱殺菌し、殺菌が終わりましたら直ちに冷凍します。

7箱詰め

箱詰め前に、X線異物検出装置・ウェイトチェッカーで検査。

箱詰め作業

検査後、丁寧に箱詰めします。

8出荷

梱包商品をお客様へお届けいたします。